MIRAI BAR

ニュース

  • ホーム>
  • ニュース>
  • 非接触・空中ディスプレイMIRAIPIX🄬技術  茨城県境町の窓口発券機に採用、導入開始

非接触・空中ディスプレイMIRAIPIX🄬技術  茨城県境町の窓口発券機に採用、導入開始

非接触・空中ディスプレイMIRAIPIX🄬技術

茨城県境町の窓口発券機に採用、導入開始

 

2022年5月18日より、茨城県境町(町長:橋本 正裕)町役場にて、窓口発券機様に非接触・空中ディスプレイソリューションが採用されることとなりましたのでお知らせします。

当窓口発券機には、当社が企画・販売している空中ディスプレイMIRAIPIX🄬が採用され、株式会社アスカネット(所在:広島県広島市、代表取締役:松尾 雄司、以下、アスカネット)、三井化学株式会社(所在:東京都港区、代表取締役社長:橋本 修、以下、三井化学)との共同開発によって実現しました。

住民異動届や印鑑証明登録の申請などの項目が空中に浮かび上がったディスプレイに表示され、画面に触れること無くタッチ操作する事で発券機が作動し、受付番号が印刷されます。コロナ禍での非接触による感染予防につながる点が評価され、採用されました。

MIRAIPIX🄬は従来の空中ディスプレイに比べ、高精細・高輝度を実現。 窓口券売機にも高輝度・高精細の技術を適用する事で、今後とも他地域も含めた自治体のDX推進、地域の発展に貢献しています。

また3社の連携を通じて、これからも自治体やホテル業界、食品流通業界、不動産業界など、さまざまな業界のお客様の課題解決に貢献してまいります。

 

本リリース及び製品に関するお問い合せ先

MIRAI BAR株式会社 姫路オフィス

メール: info-r@mirai-bar.co.jp

お問合せ: https://mirai-bar.co.jp/contact

TEL:079-299-1555

 

【役割分担】

株式会社

アスカネット

空中ディスプレイ用プレートの開発・製造・販売、及び窓口発券機用空中ディスプレイプレートの開発
MIRAIBAR

株式会社

空中ディスプレイモジュールの開発・製造・販売、及び窓口発券機用空中ディスプレイモジュールの開発
三井化学株式会社 空中ディスプレイ用プレートに使用する接着剤「ストラクトボンド®」の開発・製造・販売、及び窓口発券機用空中ディスプレイモジュールの共同開発・企画リーディング・技術サポート

 

 

 
トップへ戻る